治療の流れ

1、けがの状況・負傷した日時・原因などを伺います(問診)

2、患部の状態を診ます(視診)

3、動きで痛みがないかを確認します(動診)

4、痛みの強い場所を触って確認します(触診)

5、症状にあわせた治療をします

陽だまり整骨院のこだわり

①検査・観察へのこだわり

現在の症状を把握するためには検査と鑑別がとても大切です。
当院では徒手検査法をはじめ、厚生労働省も認めている「超音波観察装置(エコー)」を用いて異常のある組織を観察します。エコーは無害で繰り返し観察ができるため非常に安全かつ信頼のおける観察装置です。

②治療技術へのこだわり

当院の治療はリラクゼーションやマッサージなど慰安を目的としたものではなく、治すための治療を心掛けています。
また使用する治療器は根本治療を求めた数少ない治療器を揃えております。
安静が必要なケガに関しては、損傷の度合いに応じてテーピング、サポーター、ギプス固定などを積極的に施します。

③専門家としてのこだわり

当院は外傷治療に特化した施術とギプス固定を習得し、検査鑑別、医師連携ができる整骨院として【一般社団法人 日本柔整外傷協会】に認定されています。  

④リハビリへのこだわり

一日も早く競技復帰をするためには、長期の安静は却って復帰の妨げになることがあります。当院では動ける範囲においては積極的に動かす。さらに安全かつ1日も早く復帰することを追い求めた結果、『パワープレート』によるリハビリが効果的という答えに辿りつきました。

主な症例(一部紹介)

寝違え、むち打ち
滑液包炎、五十肩、胸郭出口症候群
二頭筋腱炎
テニス肘、ゴルフ肘野球肘、離断性骨軟骨炎
手根管症候群、手首の捻挫、突き指
ぎっくり腰、すべり症、分離症
股関節滑液包炎、腸腰筋腱炎
太もも肉ばなれ
側副靭帯、オスグッド、ジャンパー膝、膝蓋靭帯炎
足首捻挫
疲労骨折、足底筋膜炎、踵骨棘、外反母趾
Page Top