腰の痛み

目次

腰痛とは
突然腰に激痛が走り身動きがとれなくなった(ぎっくり腰)
原因がよくわからないけど長年腰が痛い

腰痛とは

原因がわかる腰痛と分からない腰痛

「腰痛」とは病名ではなく、腰の痛み・張りなどの不快感をまとめた症状を指します。
原因が特定できる腰痛(X線やMRIなどで分かるもの)はわずか15%と言われています。(椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・圧迫骨折・感染症脊椎炎・癌の転移・大動脈瘤や尿路結石などの内臓疾患)
残りの85%は原因が特定できない腰痛になります。当院に来院される腰痛の患者様のほとんどはこの85%の腰痛に当てはまります。ただ原因が特定できないから何をしても無駄というわけではなく、これがきっかけで腰痛になったのではないか?という理由があるはずです。当院では特定できない腰痛の原因を

①姿勢から来る腰痛 ②筋力低下・柔軟性不足による腰痛 ③生活環境による腰痛 ④ストレスや心因性による腰痛

と大きく4つに分類しています。
とは言ってもこれらが複雑に絡まっているのが実際です。そのため治療方針はすぐに改善できることから始めていき、決して体にとって無駄にならない土台作りを重視しています。(姿勢づくり、筋力アップなど)

突然腰に激痛が走り身動きが取れなくなった(ぎっくり腰)

急性腰痛症

朝起きて洗面所で顔を洗おうとした時、重い荷物を持ち上げた時、くしゃみをしたなど、何気ない動作で突然腰に激痛が襲います。これらは一般的に『ぎっくり腰』と呼ばれますが正式な病名ではありません。ひどい場合は痛みで歩くことができず這うようにして動くほどです。この『ぎっくり腰』のメカニズムは腰椎(腰の骨)や椎間板(軟骨)に必要以上な力が加わってしまったり、骨と骨をつなぐ靱帯や筋肉、関節にダメージを負うことで痛めると考えられています。気をつけなければいけないのは、足に痺れを感じたり、麻痺、排尿・排泄障害が認められた場合は『ぎっくり腰』以外の原因も考えられるため、すぐに病院で検査をしてもらうことを勧めています。当院では『ぎっくり腰』に対して物理療法(治療器による施術)を中心に専用のコルセットで過ごして頂いています。ほとんどの方は1~3回で日常生活に復帰されています。

原因がよくわからないけど長年腰が痛い

慢性腰痛症

3ヶ月以上続く原因が特定できない腰の痛みを言います。国民生活基礎調査で男性1位、女性2位の上位を占める自覚症状です。先にも述べましたが、『姿勢』『筋力』『ライフスタイル』が主な原因と考えていますが、それに加え近年では『ストレスや心因性』いわゆる精神的な部分が大きいのではないかと言われています。個人的には姿勢が悪いから、筋肉が足りないから・・・と、単独の原因ではなく様々な問題が複雑に絡み合って腰痛を作っているのではと考えています。そのため当院では基本的にその場しのぎよりも根本的に改善する治療をご提案しています。どこに行っても変わらないとお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

診療カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30  

アクセス