前屈すると痛む【腰痛】

以前は85%の腰痛が非特異的腰痛(原因が特定できない腰痛)と言われてきましたが、近年画像診断の進歩により腰痛の原因が明らかになりつつあります。

そして残りの15%は特異的腰痛といい原因がはっきりしています。

さて今回はその場でできる腰痛診断を紹介します。

腰の動きは前・後ろ・横・ひねると様々な動きができます。

なかでも前屈と後屈の動作で腰が痛むケースが大半を占めます。

では今回のテーマでもある【前屈すると痛む】腰痛を紹介していきます。

前屈すると痛む4種類の腰痛

  1. 腰椎椎間板ヘルニア→下半身に痺れがある
  2. 腰椎圧迫骨折→閉経後の女性で腰に衝撃を受けた
  3. 椎間板性腰痛→くしゃみや笑うと痛い
  4. 腰椎終板炎→朝起きる動作で痛い

以上が前かがみになると痛む腰痛のケースです。

それ以外の腰痛のパターンが出た場合は以下をご覧ください。

もちろん前屈も後屈も両方痛いと言ったケースもあります。

その場合は複数の腰痛を併発していると考えられます。

陽だまり整骨院をフォローしよう

怪我・痛みの最新記事8件