足首の捻挫(外くるぶしの場合)

こんばんは

スタッフにブログを任せっきりの大野です

ブログ以外のコンテンツを充実させているという言い訳も通用しなくなったので今日は久しぶりに投稿することにしました(ブログ更新いつもありがとうございます!)

陽だまり整骨院の外傷来院率トップクラスに入る「ねんざ(捻挫)」です

足をくじく、ひねるなど色んな呼び方がありますがどれも正解です

とりあえず今回はねんざ(捻挫)と呼びますね

今日はその捻挫の中でも特に多い足首の捻挫に触れてみます

足首の捻挫は内反捻挫と外反捻挫に分けられます

そして今回は内反捻挫にクローズアップしましょう(外反捻挫と分けてブログのネタを増やそうとしていませんよ)

内反捻挫とは足の裏が内側に向く捻挫のことを言います

いわゆる内がえしですね(足をシュッと払う感じの動きです)

これです(陽だまりのホームページは画像に力を入れています!有料なので転載禁止ですよ笑)

転んだりするとやっちゃいますよね

サッカー、野球、バスケ、陸上などなどあらゆるスポーツで発生します

この内反捻挫で気をつけないといけないのは外くるぶしも含めてそこから上に向かっていく骨

そこに押した時の痛みがあるかどうか

あったら注意です(だから自己判断せずに来てくださいね)

ただこの内反捻挫は外反捻挫に比べると圧倒的に発生しやすいです

人体の構造上そうなっています

外反捻挫が少ない理由は次回ですよ(がんばって更新します!)

で、内反捻挫で痛めるのは主に靱帯です(スジというやつですね)

陽だまり整骨院ではそれぞれ痛めたであろう靱帯を触診、視診、エコー観察装置などで確認していきます

必要に応じて包帯で固定したり、ギプスで固定したり(この時期はジメジメしてギプスは大変なので交換のできる包帯固定もおすすめです)

そして1日も早く治るよう物理療法を駆使します(陽だまりの中核です)

中でも当院は微弱電流をメインに使用します(怪我の治りは圧倒的に早いと自負しています)

とにかく捻挫をはじめ怪我は早めの処置が大事です(刃物で指を切っても放っておかないですよね)

ほったらかしにして痛みが地味に残るのを治すのは難しいし大変です(ホント大変です)

怪我をしても部活を休めない休みたくない気持ちはあると思います。

ただ100%出せていたパフォーマンスがすぐに治さなかったために地味に痛みが残り80%がマックスになってしまったら・・・

悲しいことに捻挫をしたら整骨院・接骨院という認識がまだまだ低いので陽だまり整骨院はジワジワと広めていくわけです(がんばりますよー!)

だから部活、スポーツ、学校の体育、遊んで足首をひねったら陽だまり整骨院ですよー!(マンガも揃えていますからねー!)

 

追伸:来週の連休最終日にサマーセミナーで講演させて頂くことになりました

07/15 (月) 3限(13:10~14:30) 南山高等・中学校 女子部 北校舎 地下1階 コンピューター教室2

姿勢と遺伝子の2本立てでお話しさせて頂きます(無料ですよー!)

結構面白い話しができると思います!

遺伝子は僕の信頼しているパーソナルトレーナーの三路先生に講演して頂きます(スペースの都合上パンフレットに三路先生のお名前が載っていなくてすみません!)

わかりやすい説明と圧倒的なコミュニケーション能力を持つ先生です

公私共にお世話になっています!

というわけで資料がまだ完成していないのでそろそろ再開したいと思います

それでは次回は足首の捻挫(内くるぶし)でお会いしましょう!

●-●-●-●
スポーツのケガ・痛み・違和感
日常生活のケガ・痛み・違和感
姿勢・歩行速度・産後骨盤矯正
交通事故の痛み・腰痛
のことなら名古屋市昭和区の接骨院「陽だまり整骨院」にお任せください。


スポーツのケガ 昭和区 接骨院 交通事故 治療 昭和区 接骨院

【ご来院地域】名古屋市・昭和区・瑞穂区・天白区・緑区・千種区・東区・中村区・荒畑・鶴舞・川名・いりなか・桜山・御器所・覚王山・腰痛

関連記事

  1. 足の指を痛めました。

  2. 「つき指」スポーツのケガ

  3. 試合中の膝の強打

  4. 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

  5. マラソン本番前に痛めたら

  6. オスグッドは1度のご来院で・・・。

診療カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30  

アクセス