交通事故忘備録万が一交通事故に遭ってしまったら

交通事故に遭われたら

予期せぬトラブル交通事故。私も過去に交通事故に遭った経験がありますが、本当に一瞬の出来事で体のへ負担はもちろん精神的なダメージも決して小さくありませんでした。
人は予想外の出来事に遭遇すると冷静な判断を失ってしまいます。本来どの様な行動をすべきか私の経験をもとに紹介させて頂きます。

①警察に連絡

事故に遭ったら絶対に当事者同士で解決してはいけません。後々トラブルの原因になりかねませんし、最悪の場合自賠責保険や任意保険の補償が受けられないことも。『事故に遭ったら110番』これは鉄則です。電話口の警察官から事故の規模、現在地や周囲の状況など簡単な質問を受けます。たまたま私はよく知る場所でしたのですぐに答えられましたが、もし見知らぬ土地でしたら周辺の標識を確認したり、カーナビゲーションやスマートフォンの地図アプリを利用して伝えると迅速な対応が取れるでしょう。また交差点や、交通量の多い場所では周囲に気をつけて路肩へ移動するよう指示されますので勝手に動かず警察の指示に従いましょう。警察官が駆けつけるまで相手方の連絡先や車のナンバー、車の損傷した箇所などメモや写真に収めておくのもよいでしょう。最近はドライブレコーダー搭載車が増えてきましたので後々証拠として味方になってくれます。ちなみに当時の私の車にはドライブレコーダーが搭載されておらず改めて必要性を感じました。

警察官が現場に到着したら事故の詳細を聞かれます。「いつ発生したか」「どこに向かって走っていたか」「速度・車線・標識の有無」「怪我の状況」「相手と連絡先交換の確認」など・・・。あとは免許証や自動車検査証(車検証)、自動車保険証券などの提示も求められます。私の場合およそ1時間くらいで済みました。

②保険会社に連絡

続いて自身が任意保険に加入している場合は保険会社に連絡をします。24時間年中無休で対応してくれます。私は祝日の早い時間でしたがオペレーターに繋がりました。(任意保険未加入に関しての説明は割愛させて頂きます。リスクも非常に高いので必ず加入することをおすすめ致します)
まず安否確認、続いて個人情報確認のため契約者(当事者含む)の名前、生年月日、住所、電話番号、同乗者の有無など聞かれます。その後事故の状況、怪我の確認など警察官に問われた内容を答えることになると思います。とても親身になって受け答えしてくれますので、分からないことがあれば相談に乗ってもらうといいでしょう。また保険会社とは何回か電話のやり取りがあるため、携帯電話の番号を伝えておくと便利です。

②相手側の保険会社からの連絡

さらに相手方の保険会社からも連絡があります。(携帯電話に掛かってきました)事故で怪我をした場合、必ず病院で診察を受けるよう勧められます。(ほとんどの場合は整形外科ですが、MRIなど精密検査を受ける場合は総合病院も考えられますし、口腔内の怪我があれば歯科医院も選択されます)もし掛かりつけの病院があればそちらの連絡先を担当に伝えておきましょう。

③病院で診察を受ける

連絡先を保険会社に伝えたら、病院で診察を受けましょう。医師に痛みが気になる箇所を伝えます。どの様に痛むか、しびれはあるか、気分は悪くないかなど詳細に伝えることで診断の手がかりに繋がります。また事故をしてから1~2週間後に痛みを訴えるケースもあります。その場合も医師に相談しましょう。診察・検査が終わったら窓口でお会計になります。交通事故は第三者行為にあたるため健康保険が使えません(例外もあります)。そのため全額自己負担になりますが後ほど返金されるのでご安心ください。(ちなみに私は諸々含め3万円ほど請求されました。)ただこの様な事態を回避するために、②で記した「保険会社へ病院の連絡先を予め伝えておく。」ことで、保険会社が病院に「患者様には請求しないでください」と先回りの電話をしてくれます。そうすれば窓口でのお支払いは発生しません。以後の通院も同様です。
また医師に診断書の発行の有無を問われた場合は発行してもらいましょう。

④警察署に行く

こちらは人身事故となる場合ですが、事故が発生した地域の管轄所へ出向きます。(あまりにも遠方の場合はその限りではありません)交通課の警察官に事故の件を伝えると診断書の提示を求められコピーを取ります。他にも何か取り調べみたいなことがあるかと思っていましたが以上で終わりでした。

⑤治療の開始

以上を経てようやく本格的に治療開始となります。ただお仕事をされている方、日中なかなか時間が取れない方は病院に通院したくても中々難しいと思います。その様な場合は受付時間を夜遅くまで設けている整骨院に通院するのもおすすめです。当院も夜9時まで受付をしているため多くの患者様に好評を頂いております。もし整骨院で施術を受けたいとお考えの場合は、相手方の保険会社へ整骨院名と連絡先をお伝え下さい。③と同じように、患者様から窓口で請求はしないでくださいと連絡が入ります。
あと整骨院に通院したら病院には行ったらダメなの?との質問もありますが、併院可能ですのでご安心ください。医師に指示された来院スケジュールに従って定期的に診察を受けてください。

診療カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30  

アクセス