痛みを治し再発させない【大切に思うこと】

院長 大野嘉高

閑静な住宅街に囲まれ県内有数の文教地区『昭和区』。この恵まれた環境の中、2010年4月6日『陽だまり整骨院』を開院致しました。この間地域の皆様の健康と日々向き合い、気づけば10年目に向けて今も着実に歩んでいます。
自分がこの仕事において大切にしていることは、①固定観念に囚われない②自分の考えを押し付けない。③患者様の声に耳を傾ける。④そして患者様との信頼関係を築くこと。自分の思い込みで施術をし取り返しのつかないことにならないよう、患者様の今を知る。その積み重ねが信頼関係を強固にし、患者様の1日も早いゴール到達に繋がると考えています。
これらの考えのもと『陽だまり整骨院』は常に患者様のベストを考えています。

【痛みを治し再発させない】

柔道整復師として、目の前にある痛みと向き合い1日も早く治すことは当たり前のことです。以前はそれだけが自分の仕事だと思っていました。本来この仕事は一人でも多くの患者様が痛みから解放され毎日元気よく過ごして頂くことが望ましいのです。今までの方針では『痛める→治す→また痛める→また治す』の繰り返しでした。これは目先の解決であって根本的な解決ではありません。痛みを治したら今度は痛みを作らない体を作る。それが【痛みを治し再発させない】でした。

【姿勢・筋肉・自律神経が鍵】

今ある痛みは何かしら原因があるはずです。もちろん避けられないアクシデントもありますが、それ以外は何かしら思い当たる節があるのではないでしょうか。中でも【姿勢が悪い】【筋力が落ちた】【体が硬い】【ストレス】これらが本当に多くの人に当てはまります。『姿勢が悪いと必要以上に体への負担が掛かる』『筋力が落ちると体を支えることができない』『体が硬いと動きが悪くなる』『ストレスが原因で不定愁訴(体調不良の原因が分からない状態)に悩まされる』
これらが複雑に絡み合った結果、痛みや不調と言ったマイナスの状態が作られる。であればそれらを一つずつ解決していくことが鍵になると考えました。

【マイナス→ゼロ→プラス】

まず患者様の現在置かれている状況を把握し、痛みがあれば治すための施術をします。痛めた場所は筋力や関節が弱っているのでリハビリが必要です。そして痛める前よりも強くすることが理に適っていると思います。
このマイナス→ゼロ→プラスが出来ることが当院の強みです。
もちろん現在の状況は人それぞれなので、まずは問診を通してどうすべきか、どうなりたいかを話し合います。もちろん途中で考えや目標が変われば柔軟に対応していきます。そうして着実に今よりも良くなっていくと信じています。
やはり痛みがない、辛くないというのは想像以上に毎日が充実し前向きに過ごせるものです。
皆さまも陽だまり整骨院で今までにない最高の自分を手に入れましょう!

アクセス