オフィスワークで背中や腰が痛くなる

こんばんは
新年度はじまりましたね

気分新たに様々なことにチャレンジしやすい時期ですね

ちなみに4月1日生まれの人は早生まれ扱いになるそうです
これは学校教育法で定められているとのことです
詳しくはコチラ

捉え方は様々ですが、この1日の差は大きいなと思います


さて今日はタイトルにもあるように
長時間座っている体勢が痛みを引き起こすを自分なりに書いていこうと思います
ちょうど知り合いがこの症状に陥っていました

まず下の図をご覧ください

いかがですか?
意外なのは立っているより座っている時の方が腰にかかる負担が大きいという点です
隙あらばすぐに座りたがる私にはツライ現実ですが・・・
しかも座った状態から前かがみなっていくと、さらに腰の負担が増える・・・
これが毎日のように積み重なっていくとどうなるでしょうか?
きっと腰痛や肩こりの原因に繋がっていくのは容易に想像できますね

よくキレイな姿勢で座ろうと言いますが、なかなか難しくありませんか?
最初は意識してピシっと座っていても程なくして姿勢は崩れていく・・・​
実はこれインナーマッスルが上手に使えていないことが原因のひとつです
筋肉には大きくアウターマッスル(ムキムキ筋)とインナーマッスルがあります
アウターはジムで筋トレをしていると身につくイメージです
対してインナーマッスルはヨガやピラティスなど、どちらかと言うと穏やかな動きの中で鍛えられる筋肉です
無意識でも使える筋肉なんて言われています
そのインナーマッスルがしっかり使える人は姿勢もキレイで疲れにくい
いいことづくめの筋肉です

そんなイケイケのインナーマッスルですが、実は鍛えるのがなかなか難しい曲者です
先にも挙げたヨガ、ピラティス、体幹トレーニングなどが効果的なのですが
最初のうちはしっかりインナーが使えているかの見極めが非常に難しいです
腹筋やスクワットのような分かりやすいトレーニングでさえコツがあるのに
こと深部にあるインナーマッスルは表面から見えないだけに非常に難しいと思います
恐らくマンツーマンで指導を受けるくらいの覚悟が必要です
そのくらい使うのに難易度が高い筋肉と私は思っています

とにかくオフィスワークに限らず腰に負担の掛かる姿勢が長時間求められる世の中
一度インナーマッスルに目を向けてみてはいかがでしょうか

2018年4月2日
Page Top